menu

韓国大好きgirlsに向けてkoreanトレンド・エンタメ情報をお届け

EXIDスペシャルインタビュー【前編】|ツアー、そしてグループについて…彼女たちが語る「EXID」

自身3度目となる日本ライブツアー『EXID 2019 Summer Live Tour -TROUBLE-』を盛況のうちに終えたEXID

12月には日本2ndシングルの発売、そしてファンミーティングの開催も決定し、デビュー7周年を迎えた今もその勢いはとどまるところを知りません。

今回、KLGではそんな彼女たちにインタビューを敢行!ツアーやグループについてはもちろん、同世代の“大人女子”として気になる美容の話や人生観についても語ってもらいました。

内容たっぷりとなったインタビューを3回に分けてお届けしていきます。後編ではサイン入りチェキの読者プレゼントもありますので、最後までお見逃しなく!

【プロフィール】

ソルジ、LE、ハニ、ヘリン、ジョンファの5人から成るガールズグループ。2012年にデビューし、2014年に発売した4thシングル『UP & DOWN』で大ブレイク。昨年には日本デビューも果たし、現在は韓国内外で精力的に活動中。

さて、前編ではグループとしての彼女たちにフォーカス! 今回の日本ライブツアー、またグループについてたっぷりと話を聞きました。

2019夏のライブツアーが閉幕!「楽しかったし、感動しました」

―――まずはライブツアー、お疲れ様でした!先日のZepp Tokyoでの最終公演を拝見しましたが、素晴らしかったです。

全員 ありがとうございます!

―――終えてみていかがですか? 感想を教えてください。

ソルジ ツアーが無事に終わって、まずはありがたく思っています。前回よりもさらに多くの方が来てくださって、応援を通してたくさんエネルギーをいただきました。本当に感謝しています!

ヘリン 前回の日本ツアーから期間が空いてしまったんですが、それでも皆さんずっと待っていてくださって。今回は特に台風の影響もあってすごく心配してたんです。そんな悪天候の中でもたくさんの方が足を運んでくださって、本当にありがたかったです。もっといい公演をお届けして、皆さんの気持ちに応えていきたいと思います。

―――今回のツアーでは、アルバム『TROUBLE』から日本オリジナル曲を初めて披露されましたね。ステージを準備していて、これまでの公演と異なる部分はありましたか?

ジョンファ やっぱり日本語の曲を披露するということで、韓国語の曲以上に気を使うところはありますね。今回、アルバム収録曲を披露するために新しく振り付けを考えましたし、それに合わせたステージも用意しました。大変ではありましたが、おかげでファンの皆さんからはいい反応をいただけたので、やったかいがあったなと。すごく満足しています♪

―――最終公演ではジョンファさんが「久しぶりに5人集まったらおもしろかった」とおっしゃる場面も。ツアー中、印象に残っていることはありますか?

ソルジ 今回のライブツアーではLEがMCパートで司会を担当してくれたんです。感想を伝える場面ではいきなり「三行詩にしてみましょう」と提案してくれたりして、おもしろかったですね。

ハニ そのときに集中攻撃を受けたのが私です(笑)。

ソルジ ファンの皆さんも楽しく見てくださったようでよかったなと思います。それにメンバーの中にMCがいるということで、より和気あいあいとできましたし。

―――MCの内容はあらかじめ決めていたわけではないんですね。

LE 即興で決めました。

ジョンファ 瞬発力が大事です(笑)。

ソルジ ツアーの後半にはヘリンも司会を担当してくれて、2人のケミ(化学反応)が素晴らしかったですね。

―――そんなヘリンさんはいかがですか?

ヘリン 私は今回、特に印象的だったことがあって。さっき話にあったように、今回のツアーではアルバムから日本語の曲も披露したんですが、日本の皆さんも歌詞がわかる部分が多かったからか、一緒に歌ったり踊ったりしてくださって。そういうのを日本のライブで直に感じられたのは今回が初めてだったので、そんな意味でもすごく楽しかったし、感動しました。

ジョンファ やっぱり皆さんが歌詞を聞き取れるという部分で、より楽しむことができたかなと思います。ファンの皆さんの母国語で歌うというのは大きかったですね。

「他のどんな言葉にも変わり得ない」“メンバー”という関係性

―――EXIDといえばセクシーなパフォーマンスが特徴ですが、一方でライブ会場のファン層を見ると男女半々と、性別を問わず支持されていますね。セクシーさと同時に力強い印象も受け、いわゆる“ガールクラッシュ”的な魅力を感じます。ステージ上では表情や見せ方、スタンスとして、どんなことを意識されていますか?

ヘリン おっしゃる通り、EXIDというとセクシーなイメージがあると思うんです。実は最初、個人的には少し苦労しました。正直、自分はセクシーなタイプではないと思うので……(笑)。ただ、ステージの上では私自身が楽しんでこそ、ファンの皆さんも見ていて楽しいと感じてくださると思うので、まずは自分自身がステージで楽しむことを考えています。

あとは「かっこいい」という印象を持たせたいときには、自分が「私は今すごくかっこいい」と思って見せることですね。“こう見せなくちゃ”と思いすぎると逆にそれができないと思って、まずは自分が“そうである”という心もちで臨むようにしています。

ハニ 私は歌詞の内容を見て、その歌詞に出てくる人物がどんな感情なのかを考えます。そして、その感情をその人になって表現しようとします。それを私は『レッドサン』と呼んでいて。もちろん私たちの曲の中にはセクシーなものもあるんですが、一方で堂々としている女性やかっこいい女性もたくさん出てくるので、自分がステージの上でそういう人物になりきることを考えています。

―――もう一つ、EXIDの特徴として“セルフプロデュース”が挙げられると思います。最近は自ら曲や振付を創作するアイドルの姿がよく見られますが、一方、皆さんと同じ世代でセルフプロデュースを取り入れるグループはそう多くありませんでした。ガールズグループというカテゴリーで見ても同様です。この“セルフプロデュース”という部分は、当初から意識的に取り組んできたことですか?

LE 私たちはどちらかというと、最初からメンバー参加型のグループでした。音楽的な部分もそれ以外の部分も、自分たちでいろいろな意見を出してそれを反映させてもらっていて。自然とそこに私たちの意見が入っていきました。自らプロデュースすることを特に意識していたわけではないんですが、自分たちの意見を言い、より発展させていこうとしているうちに自然とこうなりましたね。

―――さて、これまで様々な経験を共にし、特別な関係を築かれてきた皆さん。ファンから見るとアイドルグループのメンバーの関係性はすごく特殊なものに思えるのですが、例えば会社の同僚や姉妹など、メンバーに対して「メンバー」以外の言葉を当てはめるなら、どんな関係性が近いと思いますか?

LE 私たちメンバー同士は、本当に家族と友達とその両方の要素があいまったような、そんな関係性です。ただ、家族にも友達にも言えないようなことをメンバーに話せたりもするし……その両者ともまた別の何かがあると思っています。

全員 (うなずく)そうですね。

ハニ 家族とも友達とも、他のどんな言葉にも変わり得ない、新しい概念だと思います。場合によっては姉妹や兄弟のようだったりもするし……単語で関係性を表現するのは難しいですね。

―――それではもし家族に例えるなら、それぞれどんな立ち位置ですか?

ヘリン ソルジオンニはお母さんですね。

LE ジョンファは末娘。

ソルジ LEは母方のおばさん。

ジョンファ ヘリンオンニは親戚のおじさん!ハニオンニは息子。

全員 (笑)

ベテランならではの表情とともに、“ビーグルドル”と呼ばれる彼女たちらしさが垣間見えた前編。

次回はEXIDのプライベートに迫ります。共感必至の彼女たちの飾らない姿をお楽しみに!

インタビュー(인터뷰) RANKING

PICK UP