menu

韓国大好きgirlsに向けてkoreanトレンド・エンタメ情報をお届け

NU’EST カン・ドンホのセクハラ疑惑について事務所が2度目の公式立場を発表

NU’EST カン・ドンホのセクハラ疑惑について事務所が2度目の公式立場を発表

KLGエンタメニュース

23日、PLEDISエンターテインメントがNU’EST カン・ドンホのセクハラ疑惑について2度目の公式立場を発表した。

PLEDISエンターテインメントは現在、オンライン上で出回っている内容について「全て事実無根」とし、「最初に噂を流した人物に対して責任を問うべく告訴状を提出した」と発表した。

以下、公式立場全文である。

こんにちは。
PLEDISエンターテインメントです。

当社所属アーティストのカン・ドンホ君と関連した虚偽事実に対する公式的な立場を明らかにします。

まず、現在、オンライン上で拡散されている内容は全て事実無根です。 事実無根である虚偽事実に関する書き込みが無分別にあふれている今、当社は先に申し上げたように虚偽事実に対し、例外なく法律的措置をとって強く対応します。 そして、カン・ドンホ君の潔白を立証しようと、全くの事実無根である虚偽事実を主張し、最初に流布した当事者に対して責任を問うべく情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律違反の罪で告訴状を提出、告訴を進行中です。

当社は当該虚偽事実に登場したアーティスト保護のため、前回の公式立場では虚偽事実に関する具体的な事項には言及しませんでした。 しかし、歪曲された情報が広がり続けており、これを正そうと思います。

現在、虚偽事実を主張する側はカン・ドンホ君の知人(故郷の知人の妹)で、家族同士でもお互いに知り合いです。 知人にカカオトークで連絡がきたのを見て返事をしたカン・ドンホ君に対し、相手はすぐにセクハラを受けたという困惑する主張をし、それにカン・ドンホ君がボイストークを要請しました。 しかし、相手は通話する状況ではないとして拒絶、カン・ドンホ君は会社側に状況を報告してきました。 当社はカン・ドンホ君が多くの人たちの関心を受ける立場にあるだけに、一言の影響が大きいと考えて真相を把握する前までまず連絡を控えるように伝えました。それがその後、問題の番号からきた連絡に直接対応していない部分です。

以降、カン・ドンホ君は他の知らない番号からかかってきた電話に出て、知人ということを知り慌てた状況で、どんな言葉にも慎重になり、後で連絡するという言葉だけ繰り返した後に通話を終了するしかありませんでした。相手が誰であっても困惑した内容の発言を一方的に引き出す状況でカン・ドンホ君はさらに当惑するしかなく、これが相手が話しかけてきたことに答えて通話を切った点です。相手の連絡に回答したということだけで一方的な主張だけの映像とイメージがまるで虚偽事実の根拠のように広がっています。

当社は当該虚偽事実に対するすべての不法事例について例外なく法律的措置をとって責任を追及することを重ねて申し上げます。

ありがとうございます。

ENTERTAINMENT RANKING

PICK UP