menu

韓国大好きgirlsに向けてkoreanトレンド・エンタメ情報をお届け

photo:Pledis Entertainment

PRISTIN、「チャンネル:P」で可愛さから面白い姿まで大放出!

PRISTINが「チャンネル:P」でレジェンドバラエティゲームを再現した。

6日午後、PRISTINは公式YouTubeチャンネルを通じ、メンバーたちが自らバラエティに挑戦する映像コンテンツ「チャンネル:P」のエピソード2を公開して話題を集めた。

170721_프리스틴 보도자료

公開された映像ではエピソード1に続いてバラエティゲームを進行するPRISTINの姿が描かれた。ナヨンは冷たい言葉と甘辛いコメントを繰り返し、メンバーたちのメンタルを揺さぶりながら”ハシナ”チームを勝利に導いた。

最後のゲームは”笑いをこらえるゲーム”だった。豊かで愉快なリアクションで最後の3人になったソンヨン、ナヨン、イェハナは現場にいたスタッフとメンバーたちはもちろん、見る人々まで笑わせた。

また、負けたチームには撮影前にメンバーたちが自ら準備した罰ゲームが待っており、最終的に最下位になった”私たちが勝ったリス”チームはくじ引きで罰ゲームを選んだ。その結果、ソンヨンはデビュー曲『WEE WOO』を踊ること、ロアはセクシーダンス、末っ子カイラは「熊三匹」をかわいいバージョンで歌って踊ることなどの罰ゲームを遂行してファンたちの心を揺さぶった。

エピソード1、2で様々なバラエティゲームを行ったPRISTINメンバーたちは「バラエティについて本当にたくさん学んでいくようだ。次はメンバーみんなでバラエティ番組に出られたら良い。どんなバラエティ番組でも呼んでくれたら」とし、バラエティに対する愛情と抱負を示した。

一方、PRISTINは次期アルバムを準備中である。

写真提供=Pledis Entertainment

NEWS RANKING

PICK UP