menu

韓国大好きgirlsに向けてkoreanトレンド・エンタメ情報をお届け

「ソウルファッションウィーク 2019F/W」から秋冬トレンドを予想!

3月20-24日に行われた「ソウルファッションウィーク(SFW) 2019F/W」。韓国ファッションを代表するデザイナーズブランドの最新コレクションが発表され、今シーズンも大盛況で幕を閉じました。

KLGではファッションショーに出席したK-POPアイドルなど豪華韓国芸能人をリアルタイムでお届けしてきましたが、本来の目的“ファッションショー”についてもしっかりレポート。
最新コレクションから垣間見えた2019秋冬シーズンのトレンドをいち早く紹介します!

韓国でもストリートブームは沈静化

世の中やSFW会場外のファッショニスタの間ではまだまだ“ストリートブーム”が見られますが、ミラノ、パリなど欧米のコレクションでは落ち着く動きが見られています。

SFWでもその流れを感じさせるように、以前からストリート色が強かったYOUSERなどで“優等生”の代表格・トレンチコートが発表されました。

秋冬は“柄物”で差をつける!

春夏コレクションに比べ、色味が落ち着く秋冬コレクション。ベージュやブラウンカラーのアイテムが多くのブランドで見られました。

落ち着いた色味に反するように、Sewing Boundaariesではカモフラージュ柄、UL:KINはアーガイル、CHARM’Sは星柄、YOUSERやYCHはチェック柄など、大胆な柄で華やかさを作り出すことがちょっとしたトレンドのよう。
普段は避けてしまうような柄物も落ち着いた色のアイテムなら取り入れやすいですね!

メイクもカラーを排除、ベースメイクにポイントを

メイクでもカラーメイクを控え、ナチュラルメイク志向のブランドが多かったのも2019F/Wシーズンの特徴。ナチュラルに仕上げつつ、シェーディングをしっかり施すメイクが多く見られました。

また、そんなナチュラルさにYCHやCHARM’Sではツヤ感をプラス。唇のツヤ感にはワセリンを使用するブランドも。

アクセサリーではレトロブームが継続!

アクセサリーの使い方が目を引いたYCH、CHARM’S。どちらも大ぶりのレトロなイヤリングが登場しました。

毎シーズン、ジェンダーレスなファッションが印象的なYCHは男性モデルも本来は“女性的”とされそうなデザインのイヤリングを着用。

YCHらしさは男性モデルが着用したニーハイブーツにも。

また、Sewing Boundariesではスカーフをヘアアクセサリーとして使うアレンジも発見。家で眠っているレトロなスカーフも使い方次第で旬なアイテムに!2019秋冬シーズンだけでなく、今すぐ使える“こなれワザ”ですね。

PVCは春夏だけのものじゃない!

数年前から徐々に広まり、昨年爆発的ブームとなったPVC(ビニール)バッグ。クリアなデザインがどうしても春夏のイメージがありましたが、CHARM’Sは秋冬コレクションでも採用!

同じく夏のイメージがあるサンバイザーもファーをたっぷり使って、すっかり秋冬のワンポイントに。ここでもまた固定観念が打ち破られました。

これらの秋冬コレクションが発売されるのは約半年先。実際にブームとなるのはどれなのか…楽しみに待ちましょう!!

SPECIAL RANKING

PICK UP