menu

韓国大好きgirlsに向けてkoreanトレンド・エンタメ情報をお届け

韓国の美意識が変わった!?

華奢な女はもう古い!

少女時代が爆発的に流行ったとき、韓国の男のコはみ~んなこう言いました。「あれが手に入れたい女の像なんだよ」って。身長165cmに体重48㎏。 すらりと伸びた長い手足に、くびれたウエスト。欲を言えば、胸やおしりはきちんとあるのが理想。「そんな女の子を連れて歩きたい」って。その言葉にきっと嘘はなかったと思う。

でも最近はその傾向がどうやら崩れてきている.“ベーグルニョ”を求める子が増えているのだとか。このベーグルニョというのは、 “ベビーフェイス”と“グラマー”を合体させた造語。別名、“清純グラマー”。顔は無垢なのに、体はグラマラスっていう意味なんです。ただすらりとした、 いわゆるモデル体型よりもある程度の筋肉と脂肪がついメリハリボディが憧れの対象に。華奢な女はもう古い! と言わんばかりに西洋人のボリュームのある体を目指す女の子が急増しています。

 もちろん、どこの世界でも人の好みはそれぞれだけど、オッパの国、韓国のことをよく考えれば、この傾向は当然なのかも知れません。家族を、オンマをすごく大切にする国だもの。 そりゃあちょっとマザコンだよね……。母性をムンムンに感じさせるやわらかそうな体に大きな胸やお尻は、彼らにとって癒しになること請け合い。男は強く、たくましく! っていのが根底にあるからこそ、彼女との時間、家庭でほっと一息つくとき、誰かに甘えたくなるのでしょう。そんなとき、ベーグルニョが隣にいたら…… きっと彼らは明日への気力がみなぎるのでしょう。

では、有名人で言うと一体誰なのでしょう?? 周りの韓国男子に聞いてみたところ、『僕の彼女は九尾狐』での活躍が記憶に新しいシンミナや 『善徳女王』で有名なシンセギョンの名前が。確かに彼女たち、白い肌にナチュラルメーク。そして黒髪。清純そうなルックスとは裏腹に、 実は胸もお尻もちゃんとあって女性らしい! モデル体型を目指せって言われたら、あきらめなくちゃいけないけど、これなら頑張れるのでは? と希望を持ってしまう今日この頃。

そして、この体型を目指すのに忘れてはいけないのが、ダイエットの方法。とかく食べないダイエットというのをあまり耳にしませんよね。日本よりも食べることを大切にする国ということだけではなく、 ど根性精神を持っているのが韓国。ダイエットに近道はないことを女の子たちは重々承知しているんです。食べるべきものはきちんと食べて、しっかり運動をすること。それが何よりも大切。もちろん、クリニックでもダイエットコースがかなり充実しているので、それらの利用もするけれどね。

なんか、ベーグルニョな女の子が本命彼女としてもお嫁さんとしてもきっと選ばれるんだろうな~。そりゃそうだよね。清純なルックは親ウケはもちろん、親戚ウケだっていいだろうし。なにより、ちょっとふっくらしているほうが、家庭をうまく切り盛りしてくれそうにさえみえる気が(笑)。 もうすぐ水着の季節。無理なくSラインなベーグルニョを目指しちゃいましょ♪

TANADA TOMOKO

=PROFILE=

棚田トモコ
美容ライターとして女性ファッション誌を中心に活動。ビューティージャーナリストとしては、日本はもちろん、韓国へ自ら取材に行き、美容ネタを中心にコラムを執筆中。
アメブロ『棚田朋子の毎日が日曜日』
http://ameblo.jp/tina-lifeblog/も必見!
韓国コスメはもちろん、おしゃれに、そして可愛くなれる情報がたくさんUPされています。

BEAUTY RANKING

PICK UP