menu

韓国大好きgirlsに向けてkoreanトレンド・エンタメ情報をお届け

チャン・グンソク photo:江原道観光事務所

チャン・グンソク、明日(12/8)「江原道観光広報大使」および「2018平昌冬季オリンピック及びパラリンピック大会広報大使」委嘱式に出席!

江原道は2018平昌冬季オリンピック及びパラリンピック大会の韓国内外ブームアップや広報を目的に、12月8日(金)11時、江原道庁(新館会議室)にて、韓流スターチャン・グンソクさんを「江原道観光広報大使」および「2018平昌冬季オリンピック及びパラリンピック大会」の広報大使に委嘱する。

チャン・グンソクさんは広報大使として、開催地の江原道(カンウォンド)や2018平昌冬季オリンピック及びパラリンピック大会を多様なルートを通じて広報活動を繰り広げると積極的な意志を強く表明している。

まず、「2018平昌冬季オリンピック及びパラリンピック大会」の広報のために、自ら2,018枚の競技観覧チケットを購入し、2,018名のファンたちを招待する計画であり、韓国内外ドラマ、映画などの放送と連係した広報も行なう。

日本では、来年1月から3月までの開催を予定している東京・大阪アリーナツアーで、ファンに向け2018平昌冬季オリンピック及びパラリンピック大会の広報やオリンピック開催地である江原道(カンウォンド)観光の魅力も積極的にPRする予定だ。

このようなチャン・グンソクさんの広報大使活動計画は、ファンへの恩返しであるとともに、「2018平昌冬季オリンピック及びパラリンピック大会」の成功に寄与したいという格別の思い入れがあることから、より一層の注目を集めている。

とくに、チャン・グンソクさんは韓国内だけでなく日本・中国など、海外でも活動中の「元祖アジアのプリンス」として知られており、「2017日本が好きな韓国人俳優1位」に選ばれるなど影響力を持っている。

なお、多様な役作りと演技力、そして流暢な日本語力を併せ持つマルチエンターテイナーでもあることから、日本アリーナツアーの6万席はたった5分で売り切れ、中国のファンミーティングでもオープン当日に売り切れるなど、海外ファンから熱い人気を集めている。

一方、チャン・グンソクさんの所属事務所によると、チャン・グンソクさんは世界的な祭典である「2018平昌冬季オリンピック及びパラリンピック大会」の成功的な開催や、開催地である江原道(カンウォンド)の多様な魅力を積極的にPRするため、実質的なサポートができるような活動を多数計画し進める予定であるという。

崔文洵(チェ・ムンスン)江原道知事は、
『「2018平昌冬季オリンピック及びパラリンピック大会」の広報大使委嘱に積極的にお取組みいただいたことに感謝している。チャン・グンソクさんがこれまで築いてきたアジア文化の掛け橋としての功績をみると、オリンピックブームアップや江原道広報に非常に大きな助けになると確信している。特に、2018平昌冬季オリンピックを皮切りに、2020東京オリンピック、2022北京冬季オリンピックなど、アジアを中心としたグローバルイベントが続くが、広報活動を行なう広報大使としての役割に期待する。』
と述べた。

NEWS RANKING

PICK UP