menu

韓国大好きgirlsに向けてkoreanトレンド・エンタメ情報をお届け

sundub (2)

スパイシー韓国料理特集~vol.1『スンドゥブチゲ』

夏だからこそ食べたい!スパイシー料理特集

韓国料理といえば、「唐辛子」や「コチュジャン」など、真っ赤なスパイスを使った料理をイメージする方も多いのではないでしょうか?
それもそのはず、韓国の唐辛子の年間消費量はなんと21万トン。日本と比べると一人当たり年間約80倍もの唐辛子を消費しているんだそう。想像をはるかに超えるこの数字にはなんとも驚かされますよね。
カプサイシンの発汗作用は多く知られていますが、唐辛子にはビタミンAとビタミンCが多く含まれるため、夏バテ効果もあるんだそう。暑い夏でも汗をかきながら真っ赤な料理を食べているのには、ちゃんと理由があったようですね。

そんな唐辛子をたっぷり使用し、インスタントラーメンからコンビニのおにぎりにいたるまで、何から何まで辛い韓国料理の数々。今回はその中でも特に辛いとされる料理をいくつかご紹介したいと思います。たくさん汗をかけば美肌効果も期待できるので、辛さに自信のある方は是非トライしてみて下さいね。

韓国の代表的な料理として、日本人にも大人気の「スンドゥブチゲ」
料理を2人以上で注文するお店が多い韓国でも、一人で食事できるメニューとして、一人旅の旅行者にも人気が高いんだとか。そんな「スンドゥブチゲ」は韓国でももちろん大人気のメニューのひとつ。気軽に食べられて、リーズナブルで美味しい、庶民のありがたい味方なのです。

「スンドゥブチゲ」に使用されている「スンドゥブ(純豆腐)」とは、日本でいう「おぼろ豆腐」のような、絹豆腐より柔らかめの豆腐のこと。豆腐といえば、良質のたんぱく質を多く含む健康食品としてダイエットや美容にも効果が高く、カロリーを気にする現代人女性にも人気が高い食材のひとつ。韓国では最近の健康ブームにのって、「スンドゥブチゲ」の専門店も増えてきているよう。

●清潭スンドゥブ

江南エリアでも特にハイセンスなお店などが多く、芸能人たちが住むエリアとして名高い「清潭洞(チョンダムドン)」。そんな清潭洞のとあるオフィス街の一角にたたずむスンドゥブチゲ専門店「清潭スンドゥブ」は、芸能人やアイドルが訪れるお店として、韓国でも話題の食堂です。店内には有名人のサインがズラリと飾られていて、庶民的なお店といえどもさすがは「清潭洞」と納得させられます。

sundub (3)

お昼の時間帯は周辺の会社員で満員になるほどの人気なので、時間に余裕のある方はピーク時を避けて来店してみて。

sundub (10)

スンドゥブチゲ専門店だけあって、「海鮮スンドゥブ」や「マンドゥスンドゥブ」、「ミックススンドゥブ」など、その種類は10種類以上。どのスンドゥブチゲも具材が沢山入っていて、それぞれの具材から出るダシで微妙にちがうスープの味もそれぞれに楽しめます。
見た目の通り結構スパイシーなので、気になる人はあらかじめ辛さ控えめで注文しよう。アツアツのトゥッペギ(韓国土鍋)でスンドゥブチゲが運ばれてきたら、お好みでテーブルにある玉子を投入。玉子をいれることで少しマイルドなお味になります。

sundub (5)

グツグツと煮えたぎる赤いスープが食欲をかき立ててくれます。スンドゥブチゲももちろん美味しいのですが、驚かされるのはそのおかずの種類の多さ。ナムルや韓国のりなどの定番のおかずの他に、イシモチというお魚のフライなど豪華なおかずが勢ぞろい。石釜ご飯もセットになって、ランチにもディナーにも大満足の定食です。

sundub (12) sundub (4)

辛いものが全く苦手!という方には「ファヤン(白)スンドゥブ」がおすすめ。唐辛子などのスパイスを入れずに煮込まれていて、付属のタレに豆腐をつけていただきます。豆腐本来の味が楽しめると人気のメニュー。

sundub (7)

=INFORMATION=

청담순두부(チョンダムスンドゥブ)本店
住所:서울시 강남구 신사동 666-17
ソウル市 江南区 新沙洞 666-17
電話番号:02-545-4840
営業時間:24時間

FOOD RANKING

PICK UP