menu

韓国大好きgirlsに向けてkoreanトレンド・エンタメ情報をお届け

“CRES.E DIM.(クレスエディム)”“DIM.E CRES.(ディムエクレス)”のデザイナーにインタビュー

KLG独占!!今注目度NO,1の韓国デザイナーズブランドを直撃取材しました。

韓国在住ライターユニットのGRANDOLL(グランドール)です。
第二回目は、今注目度NO.1の韓国デザイナーズブランド“CRES.E DIM. (クレス.エ ディム)”と“DIM.E CRES. (ディム.エ クレス)”のディレクター&デザイナーさんにインタビュー。

“CRES.E DIM.”“DIM.E CRES.”は、キム・ホンボム(kim Hongbum)さんが手がける個性あふれるストリートブランド。東大門Doota1階に店舗を構え人気を博しています。
4月某日、ソウルにて両ブランドのディレクターのホンボムさん、デザインチーム長を務めるデザイナーのイェジ(yeji)さんのお2人に独占インタビューを行いました。
韓国でも大注目のブランドなどで取材交渉は難航しましたが、GRANDOLLの熱意に答えて下さり、何とかインタビューが実現しました!!


Q:2015年A/Wのコンセプトを教えてください

ホンボム:「TREINTA Y TRES(33)」「Los33(The33)」です。鉱山落盤事故を元にイメージをふくらませストーリーを作りました。閉じ込められた33人の声や感情を表現しています。SPEAK NOISEというロゴや全体のカラー、デザインでシリアスさや強さなどを感じてもらえると思います。

PhotoGrid_1430849967272 PhotoGrid_1430849934228


Q:だからヘッドライトを付けてのウォーキングだったんですね!

イェジ:そうです。生還した際の光や明るさなどを表現しました。

Q:デザインのインスピレーションなどはどういったところから受けるのでしょうか?

ホンボム:.そうですね。基本的にはシーズンごとのコンセプトはまずテーマを考えて作っています。その後、そのテーマのストーリ性を考えそこからふくらませていきます。

Q:日本でもDIM. E CRES.はとても人気になっていますが、それを知ってどう感じますか?

イェジ:日本は韓国より色々なスタイルがあり、有名なブランドも多いので、そんな日本から注目されているのはとても嬉しいです。

Q:日本に行った際、よく行くところを教えて下さい

イェジ:表参道に必ず行きます。ファッショナブルな人が多く見ていて刺激になります。
ホンボム:新宿と表参道が好きでよく行きます

1430488556069 1430488549078

Q:インスタグラムで日本人のファンも多いイェジさんですがでザイナーになった経緯を教えて下さい。

イェジ:.昔から絵を描くことやファッションが好きで3年前、専門学校に通いながらDIMのデザインチームに入って、デザイナーを始めました。今はDIM.E CRES.のデザインチーム長を担当してます。

Q:バッグの中にいつも入れているアイテムはありますか?

イェジ:なんでも持ち歩きたいタイプなので、NIKEのリュックになんでもかんでも詰め込んでしまいます(笑)。タバコ、リップ、スケッチブックは必ず持ち歩いていますね。

Q:イェジさんのインスタグラムによく登場する電動自転車が気になっていたのですが。

イェジ:あー!それは、ディレクターからのプレゼントのHONDAの電動自転車です。
この前HONDAから連絡があって、インスタの写真を広告に載せていいかと言われたんです(笑)。

Q:日本のDIMファンがインスタグラムでコーディネートをアップしているのをご覧になったことはありますか?

イェジ:はい。もちろんチェックしています。日本の子たちがハッシュタグでコーデをアップしてくれることがとっても嬉しいし、不思議な気分です。

Q:プライベートの日はどのように過ごしていますか?

ホンボム; 外に出て動きまわるのが好きで、他のデザイナーに会ったりします。
イェジ;家でゆっくり休むのが好きで、寝たり、絵を書いたりしています。

ショールーム

Q:日本での販売も考えていますか?

ホンボム:未定ですが、ワールドサイトをオープンできるよう、徐々に準備中です。

Q:CRES.E DIM.・DIM.E CRES.の今後のビジョンについて教えて下さい。

ホンボム :CRES.E DIM.は5年、DIM.E CRES.は2年と立ち上がってからまだそんなに経っていないけれど、このように人気になって嬉しく思います。パリにもショウルームがありますが、今後は海外にももっと進出していきたいと考えています。

Q:やはり気になる事といえばCRES.E DIM.の2016SSですが、2016年S/Sについてのイメージはすでに考えているのでしょうか?

ホンボム:はい。まだなんとなくですがテーマは【シリアストラクション】水色やピンクなどをA/Wとは対照的な色を使っていこうかと考えています。4月いっぱいイメージをふくらませ、5月から作り始める予定です。

Q:具体的なイメージを少し教えて下さい。

ホンボム:例えば、コップの水をこぼしたような柄や、面白いプリントなどを取り入れていこうかと考えています。
どうもありがとうございました!!

C360_2015-05-01-22-46-41-756 C360_2015-05-01-22-47-55-118

ストーリーさえもデザインの一部であり身に纏ってストーリーを感じることが出来るブランド。ファストファッションや既製品にネームタグを付け替えるだけのブランドが多い中、ブランドや服の背景にまでこだわりを持ちデザイナーの決意、熱意、真意を感じられるCRES.E DIM.・DIM.E CRES。

今回のインタビューを通してバックボーンを知る事ができこのブランドの魅力を再認識することが出来ました。これからCRES.E DIM.・DIM.E CRES.の服を着る際は今までとは違った気持ちで着用することが出来そうです♡

KLOVESの皆さんの中にもこのブランドのファンの方々が沢山いらっしゃるかと思いますが、CRES.E DIM.・DIM.E CRES.を身に着ける際は、ホンボムさんイェジさんの素晴らしいセンスとアイディアを是非感じて欲しいと思います♡

=PROFILE=

キム・ホンボム
2005年 世宗大学ファッションコンテンツを卒業した後、“ButtonBerry Stitch”というブランドを同じ学校出身のデザイナーと主に立ち上げる。
2009年 現在のCRES.E DIM.を立ち上げ、本格的に活動を開始。
2010年 3月からSEOUL FASHION WEEKにて初コレクションに出展。
2012円 CONCEPT KOREA(大韓民国代表する5人のデザイナー)に選定されたこときっかけに、国内で活発な活動を行っている。

パク・イェジ
2012年CRES.E DIM.デザイナーチームに加わり、現在は若くしてDIM. E CRES. のデザイナーチーム長を務める。instaguramではフォロワー13K。韓国のみならず日本や各国のフォロワーが毎日のように増えています。

Instagram | @yejiyejiyejiyeji

cres-lo

CRES.E DIM. (クレス.エ ディム)

デザイナー キム・ホンボム氏が手がけるブランド。
ブランド名の由来は、音楽の“crescendo e diminuendo”の略語。“だんだん強く”そして“だんだん弱く”という意味する。
2009年に立ち上げ、2010年 ソウルコレクション出展。ストリート&スポーティーをベースにコレクションラインを展開。

DIM. E CRES. (ディム.エ クレス)

CRES. E DIM.のセカンドライン。
CRES. E DIM.オリジナルのモダンなアイデンティティーを持ち合わせつつ、より多くの人に着てもらうためトレンドでカジュアルなリアルクローズを展開。

Web|http://www.cresedim.com
Instagram|@cresedim

=PROFILE=

GRANDOLL

GRANDOLL(グランドール)

韓国大好きライターユニット。日本のアパレルブランドで共に働いた10 年来の仲。
韓国旅行に一緒に行った際に、韓国のFASHION♡ARTIST♡CLUBカルチャーに感 銘を受けてから渡韓回数は数え切れないほど。 現在は韓国に移住し韓国デザイナーズブランドのバイヤーをしている。
BUYMA:www.buyma.com/buyer/2690677.html

FASHION RANKING

PICK UP