menu

韓国大好きgirlsに向けてkoreanトレンド・エンタメ情報をお届け

photo:桑原靖

K-POPの妖精・Apink 日本デビュー曲は『NONONO』

Apinkの日本デビュー曲、リリースイベントに潜入!

10月23日、神奈川・ラゾーナ川崎プラザのルファ-広場にて行われたApinkのリリースイベントに潜入!朝から不安定だった天気にくわえ、気温も12月下旬並みという生憎の状況でしたが、会場は最上階までファンでいっぱい!開始前から映像にあわせて掛け声が起きるなど、ものすごい熱気でした。


21日から大阪、名古屋と続けて行ってきたリリースイベント。最終地となった東京では、開始直前にスタッフからピンクのペンライトが配布され、ファンは、大きな歓声とピンクオーシャンでApinkをお出迎え。イベントが始まった瞬間、また雨が降りはじめてしまいましたが、Apinkは日本デビュー曲の『NoNoNo』を元気いっぱいに唱歌。


リーダーのチョロンが、「たくさん集まっていただきありがとうございます。韓国ではデビュー4年目ですが、日本では昨日、10月22にデビューしました。新人の気持ちで活動を頑張ります!」と挨拶。

末っ子のハヨンも、「4年前のデビュー当時を思い出しました。今日、最高のパフォーマンスをお見せしたいです。そして高校生のファンもたくさんいますね。今日から私と友達になりましょう!」と呼びかけ、会場を盛り上げました。

その後、カップリング曲の『My My』を披露。大きく揃った掛け声にメンバーも「すごい!」「サイコーです!」と感激した様子。2曲とも日本語で歌っていますが、ナウンは「完璧に歌えたと思います」と自信をのぞかせました。

トークでは、ウンジが、自慢げに微笑みながら、「みなさん、『NoNoNo』は英語ですよね?日本語にすると“ダメよ~、ダメダメ!”」とお笑いコンビ・エレキテル連合の人気ネタを連呼。つづけて、「実は今日、エレキテル連合さんと共演したかったのですが、残念ながら叶いませんでした。次はぜひご一緒したいです」と熱烈ラブコールを送りました。

アンコールで再び『NoNoNo』のイントロが流れると、会場の熱気は最高潮に!メンバーもステージぎりぎりまで前に出て、「みなさんと過ごせて本当に嬉しいです」(ナムジュ)、「(ファンの)愛を実感できます!」とファンへ愛を届けました。Apinkが退場しても歓声は鳴り止まず、メンバーが移動するとファンも大移動するほどの人気ぶり。第二次ガールズブームの幕開けを予感させるイベントとなりました。

inJAPAN RANKING

PICK UP