menu

韓国大好きgirlsに向けてkoreanトレンド・エンタメ情報をお届け

yuri_2

韓国人彼氏は彼女に尽くす!日韓カップルのリアルエピソード

日韓カップル ステファニーとオッパの遠距離恋愛【第2回】

連載第2回も、やっぱりあま〜いエピソードを紹介したいと思います!今回は、「何でも持ってくれるオッパ」について。

ドラマの影響もあるのか、「韓国人の男の子は荷物を持ってくれたり、ドア開けてくれたり、プリンセス扱いしてくれる」とよく言われていますが……その通りです!

私のオッパも噂通りの韓国人の男の子でした。さすがにドラマはとまではいきませんが(笑)。でも、空港まで彼をお迎えに行くとき、出口で待っているとすぐわかるんです!すごい笑顔で、すごい手荷物で、ブンブン手を振って、ワンちゃんのように向かってくるんです(笑)

そして、「プレゼント!!」ってパンパンになった袋を渡してくれます!その中身は……韓国のり(汗)。
一旦、私に持たせた後、また取り返すんですよね。ついでにわたしのカバンまで。そんな風にオッパは精一杯尽くしてくれるんです。

私も彼に尽くさないと!と思い、「私も持つよ!」というと、意外とドカっと持たされます(笑)。しかしオッパ曰く、韓国では男性がお金を払って、荷物も持って、車を買って、家を買うという考えが定着しているんだとか。「だから、手伝うよ!って言ってくれる優しさがありがたいよ」とのこと。

とにもかくにも、荷物を持ってくれたり、記念日じゃなくてもプレゼントをしてくれるといった「韓国彼氏あるある」は本当でした!でも、最初から持ってくれるんでしょとは思わず、持ってくれたら感謝をしっかり伝えて、同じように尽くしてあげるとずっと仲良しでいられると思います◎。

【オッパからのプレゼント紹介】

そんなオッパと半年ぶり!!去年の12月に再会した際にプレゼントしてくれたのが、韓国のお茶と、パンに塗る抹茶ミルクスプレッド。お茶はドライオレンジが入った緑茶がお気に入りで、今まで飲んだお茶のなかで、私史上いちばん美味しいお茶だと思います。お土産だけでなく、お店がホンデや明洞、ロッテデパートには必ず入っているそうです。みなさんも韓国に行ったらチェックしてみてくださいね!

カフェではサラリーマンや学生がパソコンをやったり、各テーブルに充電できるコンセントがあるので、旅行中の休憩に挟むのもいいかもしれませんね!

●「오설록」O’sulloc
チェジュ島で栽培した緑茶使ったドリンクやデザートが楽しめるカフェです。

hatano_1 hatano_2 hatano_3

HP:http://www.osulloc.co.kr
Instagram:@osulloc_official

【優しいだけじゃない!?こんな出来事も……】

最後にもう少しだけ!優しいオッパですが、こんな一面もあります。以前、カナダに留学していた頃に彼が大学の夏休みを使って頑張って遊びにきてくれたので、ダウンタウンにあるヴィクトリシークレットやスタバ近くの最高な立地のコンドミニアム(マンション)で同棲したんです。

初めての同棲ということで、オッパと一緒に近くのスーパーまで買い出しに行きました。色々と揃えるものも多く、袋4つとかになってしまってもオッパは「ゆりは鍵だけ持てばいい」と言って全部ひとりで持ってくれたんです。

優しすぎて申し訳ないくらいだったのですが、オッパも見え張っていたのか……その後、家に着いた途端、ソファにバタンと倒れその後はなにもしないんです。
いいですけど、いいですけど!一方的な優しさだけでその後は放っといておくのか…….?(汗)

他にも、彼が日本から韓国に帰る際、空港行きの電車までにあまり時間がないと気づき、ふたりで急いで駅に向かったのですが、そんな時に雪が降り出したんです。

駅がとても複雑だったため道を知ってる私は、オッパを急かすためにスーツケースやオッパの手荷物を持って走ろうとしたんです。でもオッパは「ゆりが雪で濡れちゃう〜」ってマイペースなこと言い出すんですよ(笑)。乗り遅れたら大変なのに!

軍隊行ったんだったら、彼女に荷物なんて持たせないでさっさと走らんか!と心の中で叫び(笑)、その後は光の速さで走ってなんとか間に合いましたが。

このように付き合っていればいろいろありますね(笑)いちばん大事なのはお互いの思いやりです!それではまた次回お楽しみに♡

【日韓カップル ステファニーとオッパの遠距離恋愛】他のエピソードはこちらから!
日韓カップルバナー

Yuri

yurifany

1994年生まれ/東京都出身/デザイナー/イラストレーター
オリジナルキャラクター「ステファニーズ」・ヴィレッジヴァンガード厳選クリエーター

大学の日韓交流会で知り合ったオッパに2度も告白しに韓国へ行った肉食女子。
少女時代のティファニーが大好きすぎて、中学・高校と韓国のコピーアイドルとして都内で活動。
日本大学芸術学部に入学、オリジナルキャラクター「ステファニーズ」のLINEスタンプ制作や個展を開催。卒業後カナダに留学。

Instagram:@yurifany_art
Mail:yuri.tiffany.yuri@gmail.com

連載コラム(칼럼) RANKING

PICK UP