menu

韓国大好きgirlsに向けてkoreanトレンド・エンタメ情報をお届け

ついに日本上陸! BEAST記者会見

11月27日に東京ビッグサイトにて約1万人を動員し、世界初単独ライブを行ったBEAST!!
ライブ前に行われた記者会見の様子をお届けします。

BEASTはリーダーのドゥジュン、ヒョンスン、ジュンヒョン、ヨソプ、ギグァン、ドンウンの6人からなるボーイズグループ。
デビュー前から話題となっていたBEASTですが、2009年10月のデビューと同時に韓国で爆発的な人気を獲得し、国内だけでなくアジア各国で最も人気があり今注目されているグループ。

そんなBEASTが本格的に日本上陸するとのこと。その幕開けとして行われた今回の初単独ライブでは、羽田からヘリコプターで移動し、約1万人のファンが地上で「BEAST」の人文字を形成し彼らの来日を歓迎しました。
その様子をヨソプは「本当に感動した。日本のファンの皆さんは最高です!」と感謝の気持ちを日本語を交えながら伝えてくれました。
そして「車いすの方も参加してくださったと聞きました。本当にありがたいです。機会があればお会いしたいです。」と述べていました。

今回1曲目の『shock』でステージ上にて本物のBEAST(トラとライオン)と共演しますが、実際に対面してみていかがですか?という質問に対し、ヒョンスンは「日本初のショーケースなので慎重に沢山考えてきました。パワフルなBEASTを表現するためにトラとライオンを用意しました。」と述べ、マンネのドンウンは「今日の為に一生懸命準備したので、沢山愛して下さい」
と、今回初の単独ライブに対する意気込みを語ってくれました。

時折日本語を交えながら話してくれたBEAST。実はデビュー前から日本語の勉強もしていたのだそう。そこで好きな日本語を聞いてみると、ドゥジュンは「映画『ラブレター』の中から『お元気ですかー?』」というセリフが気に入っているそう。ドンウンは「『いただきまーす。』です。日本語のレッスンも受けています。」とのこと。
ヨソプ「『おやすみなさい』です。なぜなら今寝たいからです。」と会場を笑わせてくれました。「『大好き』です。心にグッとくる言葉ですよね。」(ギグァン) 「『かわいい』です」(ヒョンスン)
ジュンヒョンは「次回は日本語が上達して上手くコミュニケーションがとれるようになってくるとお約束します。好きな日本語は僕の気分にあっている『おはよー』ですね。」と答えてくれました。

この日を迎えたことにリーダーのドゥジュンは、「とても緊張しています。けれど韓国には”始めることで成功までの半分の道のりは来た”ということわざがあります。この言葉を信じてこれからの日本語活動を頑張っていきたいです。」と伝えてくれました。

PLAY CUBEエンターテイメントのホン・スンソン代表は、「同じ事務所の4minuteが日本で最速デビューをし、日本のK-POPブームの幕開けをしたと思う。今はアジアスターになることでワールドスターになると思います。これからは日本と韓国、東南アジアを中心に活動していきたい。これから日本デビューの準備をしっかりし、来年2月には正式アルバムで日本デビューを飾りたいと考えています。」と意気込みを語ってくれました。

来年2月に日本デビュー予定のBEAST。日本でも相当話題になっているだけに本当に待ち遠しいですね。

inJAPAN RANKING

PICK UP