menu

韓国大好きgirlsに向けてkoreanトレンド・エンタメ情報をお届け

SEVENTEEN、海外で好評!アメリカ ビルボードに続き、イギリス DAZEDまで!

SEVENTEEN、海外で好評!アメリカ ビルボードに続き、イギリス DAZEDまで!

国内外の”テセドル”SEVENTEENが海外で好評を受けている。

イギリスのデジタルマガジン「DAZED」は今月15日、”K-POPの歴史を作っている13人のボーイズグループを紹介します”とし、国内はもちろん海外でもスポットライトを受けているSEVENTEENを報道した。

さらに、DAZEDは”SEVENTEENはわずか2年前にデビューしたが、多角的、多国的なこのグループは批評家たちの好評を受けてチャートを占領した。デビュー前から勢いのあったこのグループは、数多くの授賞式で受賞経験もあり、メンバーらは直接振り付けを行い、歌詞も書き、そして20歳のメンバー ウジはほとんどすべてのSEVENTEEN発売曲に携わり、すでに有名な作曲家となった”とSEVENTEENを高く評価して目を引く。

また、”今回のアルバム『Al1』では変化球のような曲である『泣きたくない』(欧米のEDMをベースに情熱的なボーカルと彼らのアドリブ、そして優雅なプロデュースで行われた)を皮切りに6つのトラックは申し分のない構成を示している。”とし、先月22日に発売したSEVENTEENの4枚目のミニアルバムについても絶賛している。

「DAZED」だけでなく、米ビルボードも先月、K-POPのコラムを通じて”SEVENTEENはポップスにおいて最も革新的なグループのひとつとして継続的に大衆に大きな印象を残している”、報道したことがある。アメリカに続いてイギリス、そして多くの海外で注目されているSEVENTEENが行くつく先が注目される。

一方、4枚目のミニアルバム『Al1』のタイトル曲である『泣きたくない』の活動を終え、SEVENTEENは7月14日~16日、ソウル松坡区蚕室(チャムシル)総合運動場内の補助競技場で最初のワールドツアーコンサート’ダイヤモンドエッジ’のコンサートを開催する予定だ。

NEWS RANKING

PICK UP