menu

韓国大好きgirlsに向けてkoreanトレンド・エンタメ情報をお届け

CODE-V ソウルの野外ライブで1500人動員!後輩・BLANC7も出演!

日本で活動する韓国出身の人気ダンスボーカルグループ・CODE-Vが14日、ソウル・東大門でストリートライブを開催。日本から駆け付けたファンや、現地のファンを合わせ、約1500人を動員した。

この日のライブには今年3月にデビューしたばかりの7人組アイドルグループ・BLANC7(ブランセブン)も出演し、7人の歌声が響くバラード『FIRE』を披露。美しいハーモニーと、新人とは思えない堂々のパフォーマンスで観客を魅了した。

blanc7_1

その後は「CODE-V先輩のライブに招待してくださってとてもうれしいです。よろしくお願いします!」と挨拶。ひとりずつ自己紹介を終えたところで「僕たちのタイトル曲『YEAH』は男らしさとセクシーがコンセプトになっています」とデビュータイトル曲『YEAH』のステージへ。

blanc7_2 blanc7_3  

大きな歓声に包まれたメンバーは、「天気がよくて気持ちがいいです!幸せでした!」「CODE-V先輩と同じステージに立たせていただけて光栄です」と感想を述べ、『FIRE(urban dance ver.)』で舞台を締めくくり、CODE-Vへとバトンを渡した。

codev_2

この日の主役、CODE-Vは得意のバラード『正直に言うよ』でステージをスタートさせた。韓国語で「アンニョンハセヨ!僕たちはCODE-Vです」と挨拶したメンバーたちは、「韓国で久しぶりのライブです。6年ぶりくらいに韓国語で挨拶をしましたが、新鮮ですね!」と韓国語、日本語と交互に感想を述べた。

codev_3 codev_4  

つづけて「日本で活動していますが、今日、韓国の東大門でライブができてとてもうれしいです。短い時間ですが、皆さんと一緒に楽しんでいきたいです!ぜひ、イケメンだった!とSNSにあげてくださいね」とナロ。「イケメンだったってレポしてねって言ったらシーンとなりましたね(笑)」とセルフツッコミ(?)で笑いを誘った。

codev_5

この日はCODE-Vの前進グループ・Blessの楽曲『Homme』も披露され、ファンからは懐かしむ歓声があがった。ラストはCODE-Vとしての韓国デビュー曲『Addiction』を唱歌。曲に合わせて応援の掛け声も起こり、ボルテージは最高潮に!

DSCN1454

約1時間という短い時間だったが、ソウルの青空のもとストリートライブを楽しんだCODE-VとBLANC7。最後はファンと記念写真を撮り、大盛況の中この日の公演は幕を下ろした。

ENTERTAINMENT RANKING

PICK UP